Top / 宿の紹介 / 宿泊情報 / アクセス / 宿の料理 / サイトマップ / アンデス食べ歩き / アンデス旅行記 / リンク集 / ブログ
Top > アンデス旅行記 > 小さな国際交流(1) > (2) > (3) > (4) > (5) > (6) > (7) > (8)

小さな国際交流(3)
*ハナコさん、そして‘サンファン'の祭り
 プカルパは祭りの朝を迎えました。朝、ホテルから朝食を食べに行こうとしていたその時、見覚えのある人がこちらにやってきます。
『びっくりした〜〜!!。でも、ここまで本当に来たんだ〜!。』
『そうやで〜、苦労したんやから!』    『ハナコさん』がロビーにやって来たのです。
『めちゃ疲れたでー!バスが壊れまくって偉い目におおたわ。でも会えてよかったわー。』
 関西弁の『ハナコさん』の登場です。彼女とはリマで偶然に会いました。その後、彼女は今回の旅で私たちがトレッキングをした『ワラス』に行っていました。

『アマゾンも面白いよ。せっかくペルーに来たんだからアンデスばかりではなく、アマゾンも見てみるといいんじゃないかなあ。ワラスからプカルパまでバスが出ているらしいし。それは・・・まず‘チキアン’までバスで行き(2〜3時間くらい)、そこから‘ラ・ウニオン’へ行くバスがあるはず(6時間くらい)だからそれに乗り、その‘ラ・ウニオン’から‘ワヌコ’までまたバスがあるはずだから、それを乗り継げばいい。‘ワヌコ’から‘プカルパ’まではたくさんバスがあるので心配なく来れるはずだよ。』
なんて、自分では行った事も無いくせに、聞いた話を私がしたばかりに、この過酷なルートをハナコさんは本当にたどることになってしまったみたいです。

『めちゃ大変だったんやから!。バスに3回乗り継いだけれども、3回ともバスが壊れて、めちゃ遅れてしもうてな、‘ラ・ウニオン’ではバスの中で夜を明かす羽目になったんや。寒くて寒くて、おまけに道もめちゃ悪くて苦労したで〜!。』
『ごめんごめん、いや〜〜、それはごっつう大変やったねえ。「トラブルのハナコ」やなあ。でもな、今日お祭りがあるんやて。‘ファーネス’って言う行事食も食べられるらしいで。一緒に見に行かへんか〜?』(つられて私も関西弁で)
落っこちそうな小さい橋  『そら面白そうやなあ!ほな一休みしたら行きまひょ!』
 『サンファンの祭り』は大勢の人たちでごった返していました。祭りの会場へ行く人の波!。(写真左) この橋、もうじき崩れてしまうんではないかと思えます。橋桁がメチャクチャ細いんだもの!。

 さてさて、花より団子、行事食の‘ファーネス’とやらをいただきましょうか。(下の写真)
 『おいしい!!カレー味だ!!』
そうなんです。バナナの皮でくるんだカレーご飯!。詳しくは『アンデス食べ歩き』シリーズの『アマゾンの行事食』ページを見てくださいね。
アマゾン本流を行きかう船 行事食『ファーネス』
 サンファンの祭りは、ヤリーナ港の辺りで生バンドがたくさん出て、みんなで踊りまくっているだけなんです。けれども屋台はたくさん出ていました。私たちは色々な行事食を食べまくり、お腹一杯になってプカルパの町へ帰ることにしました。
 その後、せっかくだからアマゾンの支流の‘ウカヤリ川’を見に行きました。(写真左上) 河口から数千キロも上流なのに、かなり大きい船が行き来していますね。
前のページへ // 次のページへ
このページのTOPへ
もどる











Top > アンデス旅行記 > 小さな国際交流(1) > (2) > (3) > (4) > (5) > (6) > (7) > (8)
Top / 宿の紹介 / 宿泊情報 / アクセス / 宿の料理 / サイトマップ / アンデス食べ歩き / アンデス旅行記 / リンク集 / ブログ
(C) Copyright 2005 T.Oya Tambo Lodge All Rights Reserved.