Top / 宿の紹介 / 宿泊情報 / アクセス / 宿の料理 / サイトマップ / アンデス食べ歩き / アンデス旅行記 / リンク集 / ブログ
Top > アンデス旅行記 > ブランカ山群トレッキング(1) > (2) > (3) > (4)

ブランカ山群トレッキング(2)
(2)バケリア〜ワリパンパ
ワリパンパ谷の民家  ワリパンパの谷を少しづつ登っていきます。ここは標高約3600m、富士山頂くらいになってきました。だからゆるい坂に見えても、かなり息が切れてしまいます。

 もう夕暮れが迫ってきています。道の横にある農家では、夕食(ゆうげ)の支度をしていました。まきを燃やす煙がアンデスの山にたなびいています。後ろに見える槍ヶ岳の様に尖っている山は『パリア』(5600m)。
 放牧から帰る羊の群れに出会いました。
 このブランカ山群では、ほとんどの谷間に人が住んでいるとのこと。このトレッキングルートも、実は彼らの生活道路なんだそうです。

 車も入る事ができないこんな谷間の奥に家があり、畑もあり、羊や牛を放牧しているんです。驚きました。さすがに高地民族だけのことはありますね。私が『ハアハア』と肩で息をしている横を、何事も無かったように、すーと通り過ぎていきました。

  この日、本当は『パリア谷出会い』というキャンプサイトまで行きたかったんだけれど、日が暮れてしまったので、その手前の『ワリパンパ』というキャンプサイトで泊まることになりました。
放牧から帰る羊たち
キャンプサイトから見た『プカラフ』  日が暮れて暗くなると、ものすごい寒さがやってきました。昼間は20度くらい気温があるけれど、夜は零下に下がります。
 でもそのおかげで空気が澄んでいるので、夜は満天の星を楽しむ事ができました。日本を離れてはるかかなた、南十字星がはっきり見えています。空には今まで見たことも無いくらい、たくさんの星が輝いていました。もちろん流れ星も見ることができました。

 翌日、太陽が出てくると、どんどん暖かくなりました。インカの人々が太陽を神と崇めた気持ちが良くわかるような気がします。あ〜この暖かさ、気持ちがいい〜〜!。

 キャンプサイトから見た『プカラフ』(5025m)
キャンプでの朝食 キャンプでの夕食
キャンプでの朝食風景。さあ、せっせと食べましょう。強い子のミロもあるし。パンケーキもありますよ。
前のページへ // 次のページへ
このページのTOPへ
もどる











Top > アンデス旅行記 > ブランカ山群トレッキング(1) > (2) > (3) > (4)
Top / 宿の紹介 / 宿泊情報 / アクセス / 宿の料理 / サイトマップ / アンデス食べ歩き / アンデス旅行記 / リンク集 / ブログ
(C) Copyright 2005 T.Oya Tambo Lodge All Rights Reserved.