Top / 宿の紹介 / 宿泊情報 / アクセス / 宿の料理 / サイトマップ / アンデス食べ歩き / アンデス旅行記 / リンク集 / ブログ
Top > アンデス旅行記 > アンデスからアマゾンへ(1) > (2) > (3) > (4) > (5) > (6)

アンデスからアマゾンへ(3)
ウスコ・アヤール絵画学校
ウスコ・アヤール絵画学校
ウスコ・アヤール絵画学校にて
 そしてここへ来たのは、もうひとつ目的があったからなんです。それは、このパブロが、子供たちや、貧しい人たちのために、無料で絵を教えている学校があると聞いていました。実は、今回のタンボ・ツアーの中に、画家がいて、リマで僕がその話をしたらすごく興味を感じたみたいで、その学校で絵を習ってみたいので受け入れてくれるかどうかを聞いてみて欲しい、と頼まれたのです。
 モトタクシー〔3輪で3人乗れるバイクのタクシー〕に乗ること12分、パブロのギャラリーと学校は、プカルパの町外れにありました。家の前の道は未舗装で,ホコリが舞っていました。残念ながら、パブロ本人はいませんでしたが、留守番のお兄さんが対応してくれました。

 ギャラリーは小さいもので、学校の生徒の作品がおいてあります。そしてパブロの作品を見たいとお願いすると、彼が2階から5点ほど持ってきてくれました。
 それは素晴らしいものでした。僕の感想として、パブロはアカデミックな教育を受けて画家になったのではないので、絵のタッチは稚拙な感じがしました。しかし、絵の色使いや構成力は抜群だし、見たものを独特の世界に引きずり込んでしまう魅力に満ちあふれていました。
 そして、学校のことも、いとも簡単に受け入れてくれるといってくれました。彼も、パブロも、英語ができるので、スペイン語じゃなくても教えられるとも言っていました。竹岡さん是非ここで絵を習ってみてください。そしてプカルパになれたころ、尋ねるので、アマゾンの独特な生命力にあふれる世界を案内して欲しいな一〔これ、独り言〕
前のページへ // 次のページへ
このページのTOPへ
もどる











Top > アンデス旅行記 > アンデスからアマゾンへ(1) > (2) > (3) > (4) > (5) > (6)
Top / 宿の紹介 / 宿泊情報 / アクセス / 宿の料理 / サイトマップ / アンデス食べ歩き / アンデス旅行記 / リンク集 / ブログ
(C) Copyright 2004 T.Oya Tambo Lodge All Rights Reserved.