Top / 宿の紹介 / 宿泊情報 / アクセス / 宿の料理 / サイトマップ / アンデス食べ歩き / アンデス旅行記 / リンク集 / ブログ
Top > アンデス食べ歩き > プカルパのベジタリアンレストラン

アンデス食べ歩き プカルパのベジタリアンレストラン
このページは自然食の宿『タンボ・ロッジ』のスタッフの、現地での食べ歩きの模様をお話にしたページです。
プカルパのベジタリアンレストラン『パライーソ』  ペルーのアマゾンの町、「プカルパ」の町の中央にある「アルマス広場」に面したところにベジタリアンレストランがありました。

 その名も『パライーソ』(天国)。

 どうしてもレストランで食べる物は、肉が多くなってしまいがちですが、野菜好きの私たちにはこのレストラン、本当に『パライーソ』のように思えます。

 シンプルな店構えですが、さて、食事をしに行きましょうか。
『いらっしゃいませ〜。』

 あら、こちらのご主人ですね。なんだか私の知り合いの『菅野さん』に似ています。ですので、菅野さんと呼ぶ事にしました。

『菅野さ〜ん、メニュー見せて。』
『はいはい、こちらですよ。』

『ここに『カルネ』(肉)って書いてあるけれど、ベジタリアンのお店じゃないんですか?。
『ああ、これですか、これはね、大豆から作った肉なんですよ。』
『それは良かった、ではこれとこれとこれをください。』
『ちょっと待っててくださいね。』
『はいはい、楽しみだなあ〜。』
パライーソのご主人
パライーソの奥さん 台所では、奥さんが一生懸命料理を作っています。

『写真撮るの〜?、恥ずかしいな〜。』
『まあまあいいじゃないですか。私たちは日本から来たんですから。こう見えても私はペルー料理の料理人です。』
『え〜、珍しいわね。うちの旦那は料理なんてちっともしないのよ。』
『だからウエイターをやっているんですね。でも、おいしい野菜料理をお願いしまあ〜す!。』
『はいはい。』
ソパ・デ・キオン アロース・コン・ベルドゥーラス
『ソパ・デ・キオン』(しょうがと野菜のスープ)

『タジャリン・コン・ベルドゥーラス』(野菜入りスパゲッティー)
『アロース・コン・ベルドゥーラス』(野菜入りチャーハン)

『エスパゲッティ・サルサ・デ・トマテ』(トマトスパゲッティー)
タジャリン・コン・ベルドゥーラス エスパゲッティ・サルサ・デ・トマテ
 どれもおいしいけれど、やっぱり麺が延びている〜〜!。(詳しくはペルーパスタ事情を見てね)
 トマトスパゲッティーは単に延びた麺にトマトソースが絡めているだけで、なんかいまいちでした。でも、上の2つはたのんで大正解です。『ソパ・デ・キオン』なんて、しょうがが効いていて、涙ものの味でした。それに『黒オリーブ』大好きな私は、野菜チャーハンもメチャクチャ好みの味です。

 アマゾンは熱帯で、暑いため、あまり塩辛い物は食べません。そのために、シンプルな野菜の味がとってもやさしくて、感激しました。
ユーヨ・コン・ベルドうーラス  そして最後に『ユーヨ・コンベルドゥーラス』。
 (ユーヨ入り野菜炒め)

 『ユーヨ』とは『海苔』の事です。写真の黒いまるで昆布かワカメといった物がそれです。
 『ユーヨ』は、ペルーの太平洋の海岸地帯で取れる海草を乾燥して固めた物で、水に戻して使います。なぜこんな内陸部にこれがあるのかというと、『ヨード』を補うためです。
 内陸部の人はどうしてもヨード不足になりがちです。そのためペルーでは、インカ時代の昔から海岸と交易をして『ユーヨ』を手に入れていました。これがないと『こぶとり爺さん』のように、‘こぶ’ができてしまうそうです。 昔からの知恵なんですね。

 味の方は・・・固めのワカメ、または柔らかく煮た昆布といった感じです。でも、乾燥しきっているためか、海の香りはほとんどしませんでした。
前のページへ // 次のページへ
このページのTOPへ
もどる











Top > アンデス食べ歩き > プカルパのベジタリアンレストラン
Top / 宿の紹介 / 宿泊情報 / アクセス / 宿の料理 / サイトマップ / アンデス食べ歩き / アンデス旅行記 / リンク集 / ブログ
(C) Copyright 2005 T.Oya Tambo Lodge All Rights Reserved.