Top / 宿の紹介 / 宿泊情報 / アクセス / 宿の料理 / サイトマップ / アンデス食べ歩き / アンデス旅行記 / リンク集 / ブログ
Top > アンデス食べ歩き > 都会のケーキ、田舎のケーキ(1) > 都会のケーキ、田舎のケーキ(2) > 都会のケーキ、田舎のケーキ(3)

アンデス食べ歩き 都会のケーキ、田舎のケーキ(3)
このページは自然食の宿『タンボ・ロッジ』のスタッフの、現地での食べ歩きの模様をお話にしたページです。
洗練された都会のケーキ
ショーウィンドウに並んだおいしそうなケーキ  ここはペルーの首都『リマ』の繁華街。ショッピングセンターの一角においしそうなケーキ屋さんを見つけました。
 いっぱい並んでいます。ついついよだれが出てしまいそう!。飾りつけもきれいで食欲をそそります。でもちょっとサイズが日本に比べて大きいようです。やはりそこは甘い物好きの国民が暮らすペルーなんですね。

 ペルーは日本に比べて貧富の差が大きく、都会と田舎の格差がかなりあります。ここのような都会にいると、日本と変わらないような感覚で暮らせるのですが、物価は田舎の何倍もするんです。日本に近い出費を余儀なくされてしまうので、私たちはなるべく田舎にいる時間を長くする旅をしています。
 さてさて、どれにしようかな〜〜〜!。切り分けたお持ち帰り用のコーナーもあるぞ!。どれもでかいけれどおいしそう。

 日本では食べられない面白そうなケーキは無いかな〜〜。

 何々、『ルクマのムース』だって!(写真上の右側にあるもの) これは日本では見たことが無いぞ。ではこれにしてみよう。
ショーウィンドウに並んだおいしそうなケーキ
ルクマのムース  飾りもきれい。チョコレートで絵が描いてありますよ〜。さらに周りもチョコレートでくるんであります。気がきいていますねえ。かなりの懲りようです。

 さてさて食べてみましょう。
 いや〜〜おいしいじゃありませんか。『ルクマ』の香りがします。
 『ルクマ』とはアンデスで取れるフルーツです。フルーツというよりは、雰囲気はまるで『いも』!でも甘味があって、なんていうか、トロピカルフルーツの仲間みたいな感じなんです。う〜〜む、日本に無いのでなかなか説明が難しいな〜。
 甘さは日本人の私にとってはやや甘めですが、食事のあとのデザートにはもってこいの感じです。
 お店はこんな感じ(写真右)です。
 パンも一緒に売っています。なんだかちょっとアメリカぽい雰囲気ですね。


 では、今度はアンデスの都会、『クスコ』へ行って見ましょう。

  「クスコ」はインカの時代に首都がおかれていた歴史のある町です。現在は人口約30万人が暮らしているそうですが、さながら『アンデスの大都会』といった感じです。
 ペルーを訪れる観光客のほとんどがこの町を訪れるといっても、過言ではないでしょう。
ケーキ屋さんの店内
パッションフルーツのムース  そんな『古都クスコ』でおいしそうなトロピカルケーキを見つけました。場所はアベニーダ・ソル(太陽通り)をアルマス広場から少し下った『コリカンチャの神殿』(太陽の神殿)そ少し下にあります。

 これはマラクヤ(パッションフルーツ)のムースです。上の黒いつぶつぶはパッションフルーツの種です。この種、ぱりぱりしていてまるでおせんべいのような食感なんです。このケーキ、最近『タンボロッジ』でもパクって作っています。(夏のみ)
 さらに色々なケーキが・・・写真下の左は『フルーツたっぷりケーキ』。そして右は『キャラメルムースケーキ』。どれもおいしくいただきました。
 ごちそうさま〜〜!!。
フルーツたっぷりケーキ キャラメルムースケーキ
前のページへ // 次のページへ
このページのTOPへ
もどる











Top > アンデス食べ歩き > 都会のケーキ、田舎のケーキ(1) > 都会のケーキ、田舎のケーキ(2) > 都会のケーキ、田舎のケーキ(3)
Top / 宿の紹介 / 宿泊情報 / アクセス / 宿の料理 / サイトマップ / アンデス食べ歩き / アンデス旅行記 / リンク集 / ブログ
(C) Copyright 2005 T.Oya Tambo Lodge All Rights Reserved.