Top / 宿の紹介 / 宿泊情報 / アクセス / 宿の料理 / サイトマップ / アンデス食べ歩き / アンデス旅行記 / リンク集 / ブログ
Top > アンデス食べ歩き > ペルーパスタ事情

アンデス食べ歩き ペルー『パスタ』事情
このページは自然食の宿『タンボ・ロッジ』のスタッフの、現地での食べ歩きの模様をお話にしたページです。
スパゲッティ・ミートソース のびている麺に不満そうな支配人
 おいしそうな『パスタ』。さて、いっただきま〜〜す!
 あれれ〜〜、どうしたんですか、支配人。なんだか不満そう。何々、麺がのびているですって!。でもここはワンカイヨ一番のおいしいレストラン『オリンピコ』なんですぞ。そんな馬鹿な!。

 あれれ〜〜、本当だ。これは何かの間違えに違いない。シェフに聞いてみよう。

 『パスタですか?。ちょうど良い茹で具合ですよ。うんうん、これくらいでなくっちゃ。』
 えっ!(目が点になる支配人)
スパゲッティ・カルボナーラ  ここはカハマルカのおいしい『イタリア料理のレストラン』。ここのパスタなら、こしがあっておいしいに違いない。
 では『いっただきま〜〜す。』

 れれれれ〜〜!!ここのものびている。麺が延びていなければおいしいんだけれど。ではまたシェフに聞いてみよう。
 『ちょうど良い茹で具合ですよ。これくらいが。』

 なんだって、ペルー人はアルデンテということを知らないのか?

 私たちの結論は、「どうもそういうことらしい」、ということになりました。
 カハマルカのレストラン『Salas』のほうれん草パスタ(写真右)

 ペルーにはおおよそ3種類の麺があります。
[Espagueti] というのは、スパゲッティの事です。
そしてもうひとつ[Tallarin] (タジャリン)という平べったい麺があります。これはまるできしめんのよう。
それとあとひとつは、『ソパ・デ・ミヌータ』などのスープに入れる素麺のように細い麺です。

 どれも私たち日本人が好む『アルデンテ』からは程遠いゆですぎ麺なんですけれど。
ほうれん草のパスタ
ソパ・ススタンシア ソパ・ア・ラ・クリオージャ
スープに入った細い麺。上左は『ソパ・ススタンシア』 右は『ソパ・ア・ラ・クリオージャ』(クレオールスープ)

下はプカルパのベジタリアンレストランの『野菜スパゲッティ』(左)と『トマトスパゲッティ』(右)
野菜スパゲッティ トマトスパゲッティ
 その後、色々とペルーのパスタを食べ歩いた私たちは、独断と偏見に満ちた次のような結論に達しました。

 ペルー人はこしの無い柔らかい粘り系の麺が好み。しかしご飯に関しては、インディカ米ということもあるせいか、こしのある『アルデンテ』の炊き方が好み。

 一方私たち日本人はこしのあるアルデンテの麺が好き。しかしご飯に関しては、ジャポニカ米ということもあるせいか、こしよりも粘り気のある柔らかめの炊き方が好き。


 つまり、あまり人のことは言えないんじゃないのかな〜っていうことですね。多分ペルーの人は日本に来たら、『何だこのご飯、柔らかすぎる!』と言うに違いありません。
チョンタドゥーローのサラダ  おっと、こしの強いパスタ発見!。まるできしめんのようです。

 これはフェイント! 実はパスタではありません。
 『チョンタドゥーロ』という名前の『やしの実』のサラダです。
 『チョンタドゥーロ』の実をまるでかんぴょうを削るようにして、それをそのままお皿に盛っただけのものです。これに塩、お酢、胡椒とオリーブ油をかけていただきますが、結構いけるんです。おいしいです。これも「アマゾンの恵み」なんですが、しっかりと腰があって、さらにしゃきしゃきしていました。

 ペルーを長く旅をしていると、こんなパスタを食べたくなります。

その後のお話・・・
どうやら柔らかいパスタは、日本とイタリアを除いて、世界の主流になっているようです。タンボロッジにいらしたお客様に色々と聞いてみた所、『アメリカのパスタはのびていた』とか、『オーストラリアの物も相当だ』とか『ドイツのはちょっと』とか、色々な話が語られました。日本って特殊な国なんですねえ。
 皆様はどう思われますか?
前のページへ // 次のページへ
このページのTOPへ
もどる











Top > アンデス食べ歩き > ペルーパスタ事情
Top / 宿の紹介 / 宿泊情報 / アクセス / 宿の料理 / サイトマップ / アンデス食べ歩き / アンデス旅行記 / リンク集 / ブログ
(C) Copyright 2005 T.Oya Tambo Lodge All Rights Reserved.