Top / 宿の紹介 / 宿泊情報 / アクセス / 宿の料理 / サイトマップ / アンデス食べ歩き / アンデス旅行記 / リンク集 / ブログ
Top > アンデス食べ歩き > 幻の蜂蜜(1) > 幻の蜂蜜(2)

アンデス食べ歩き 幻の蜂蜜(2)
このページは自然食の宿『タンボ・ロッジ』のスタッフの、現地での食べ歩きの模様をお話にしたページです。
3種類のホイップ蜂蜜  今回(2005年)の旅行で買ってきた蜂蜜3種類。
どこで買ったかというと、左から『カハマルカ』
真ん中が『ワラス』
右が『オクサパンパ』

 支配人が気に入って買ってきたオクサパンパの蜜蝋燭。ミツバチの目が動くのがかわいいです。
蜜ろうそく
オクサパンパのホイップ蜂蜜  ほらほら、クリーム状でしょ。これがおいしいんだから。なんでもこれは日本では『ホイップ蜂蜜』と呼ばれるタイプだそうです。透明の物がほとんどの日本と違って、ヨーロッパやアメリカではこのタイプのが好まれているようです。
 では味見です。
 オクサパンパのものは蜂蜜の香りが強く、かなりおいしいと思います。それに引き換え、ワラスの物は香りよりも甘さが前面に出ています。でもかなりおいしい!。どちらかというと、オクサパンパのがローカル色に満ちているのですが、ワラスのはそれと対照的に洗練されている、といった感じです。カハマルカのものは、日本の透明なタイプのと良く似ています。あまり特色は感じませんでした。
 リマに帰り、さっそくkさんに味見してもらいました。するとどうでしょう、『私が取り寄せているのよりおいしいじゃない!よし、今度これをとってみよう。』ということで、さっそく問い合わせしてみる事になりました。
 ところが・・・『蜂蜜が取れるのは、オクサパンパでは2〜3月頃で、その時に作った製品は、6月の終わり位になくなってしまうんです。ですからもうありません。』
 が〜〜ん!もう無いんだって!。ということは、私たちが買ってきたのが最後だったんだ〜〜!。これは『幻の蜂蜜』なんですね。
オクサパンパの町  さてさて、オクサパンパの町はまるで古いヨーロッパの町にいるのかと錯覚してしまいそうです。
 それもそのはず、19世紀にドイツ人たちが移民し、切り開いた町なんですから。

 私たちは蜂蜜がこれだけおいしいのだから、蜂蜜を使ったお菓子を食べてみたいということになりました。そこで町をうろついていると・・・
 あっ、ドイツ人発見。ケーキ屋さんだぞ〜〜。
『どうだい、この蜂蜜のたっぷりかかったケーキは。おいしいぞ!』
『こんにちは、ドイツ人のおじさん。』
『わしはドイツ人の血が1/4入っているけれど、立派なペルー人さ』
『それもそうですね。ではこのケーキひとつください。』

『あま〜〜い!ちょっと蜂蜜の使いすぎですよ、おじさん。でも、蜂蜜がおいしいなあ。』
『そうか?、ケーキは甘い方がうまいんだぞ。』
『う〜ん、味覚の違いかなあ。他のお菓子は無いの?』
『あるぞ、わしの家内が焼いているんだ。家内も少しだけどドイツ人の血が入っているんだ。お〜いこっちにおいで。』
ケーキ屋さんのご主人
ケーキ屋さんの店で記念撮影  こちらの家内さん、やはりちょっとドイツチック。
 『おいしそうなクッキーですね。』
 『いま焼いたばかりだよ。』

 ここでおじさんがオクサパンパについて、色々と解説をしてくれました。なんでも放牧も盛んで、牛乳がおいしいので、バターもチーズもおいしいそうです。そういえば右の写真のバックの壁のポスター、『2005年オクサパンパ牛乳祭り』ですって、
 ここよりさらに奥の『ポスゾー』もやはりドイツ移民の町で、そちらも面白いそうです。
前のページへ // 次のページへ
このページのTOPへ
もどる











Top > アンデス食べ歩き > 幻の蜂蜜(1) > 幻の蜂蜜(2)
Top / 宿の紹介 / 宿泊情報 / アクセス / 宿の料理 / サイトマップ / アンデス食べ歩き / アンデス旅行記 / リンク集 / ブログ
(C) Copyright 2005 T.Oya Tambo Lodge All Rights Reserved.