Top / 宿の紹介 / 宿泊情報 / アクセス / 宿の料理 / サイトマップ / アンデス食べ歩き / アンデス旅行記 / リンク集 / ブログ
Top > アンデス食べ歩き > アンデスの食文化(1) > アンデスの食文化(2)

アンデスの食文化(1)
このページは、自然食の宿『タンボ・ロッジ』の料理のルーツ、南米の食文化を解説したページです。
アンデスのじゃが芋畑(チチカカ湖の太陽の島にて) から揚げ料理『チチャロン』 いろいろなじゃが芋(アヤクーチョにて)
アンデスのじゃが芋畑 から揚げ料理 色々な種類のじゃが芋(アヤクーチョにて)
南米料理〔アンデス料理〕ってなーに?
 必ずといって良いほどよく尋ねられるのがこのことです。さあ、皆様はどういうものを想像しますか?
 
 たとえばこんな人もいました。『南米といえばアマゾン、アマゾンで思い浮かぶものはピラニアとエルドラード{黄金郷}。だから黄金のなべにピラニアが浮かび、油こくて変な香辛料が入っていてとっても辛い。』 
 そんな黄金の鍋だなんて・・・鍋だけ私が欲しいな〜〜。それはともかく、〔辛いんでしょう?〕とはよく聞きます。唐辛子の原産国だということはうすうす気がついているようです。
 では、南米、特にアンデス原産のもので、今私たちがごく普通に食べているものはどういうものがあるでしょうか。以下に書いて見ます。

    《じゃが芋》 《薩摩芋》 《カボチャ》 《とうもろこし》 《インゲン豆》 《トマト》 《唐辛子》  《ヤーコン》 《アボカド》
    《ピーマン》 《ピーナッツ》 《パイナップル》 《パパイヤ》  などなど。

 日本ではまだなじみのないものが、このほかにたくさんあります。ジャガイモと一口に言っても、現地では300種類ぐらいはあるようです。これをみておわかりでしょうが、現代の私たちの食生活が豊かなのも、アンデスの大地のおかげだと言えるのではないでしょうか。

 では、料理の方法はどうでしょうか。インカの時代の料理と思う人もいますが、そうではありません。インカ帝国がスペインに征服されたのは、1532年ごろです。日本で言えば戦国時代に当たります。今の日本人がそのころと同じような料理を毎日普通に食べているかといえば、そうではありませんよね。
 アンデスでもそれは同じです。料理はその時代により変化するものなのです。

 インカを征服したスペイン人はどういう料理を食べていたのでしょうか。自分たちが日ごろ食べているものを食べたいと考えるのは当然でしょう。短期の旅行と移住は違います。
 もし皆様が外国で長期間暮らすことになれば、日本食を食べたいと思うでしょう。
 インカ征服当時は今のように簡単に世界中へ行ける様な時代ではありませんでした。そこで征服者たちはアンデスの作物を料理に使わざるを得なかったのです。でも、自分たちの口に合うように工夫したのです。
 そして時代が経つにつれ、本国から味付けのベースになる玉葱や胡椒、人参、その他のものを導入し、現在のアンデス料理を作っていったのです。そしてそれがインディオと呼ばれる先住民にも次第に広がっていきました。

 こうして今の料理になったのです。ですから南米料理(アンデス料理)とひと口に言えば、アンデスの素材とスペインの料理法が合体した、いわば混血料理なのです。つまり、スペインの料理がそうであるように、アンデスの料理は地中海系の料理ということが言えるでしょう。
前のページへ // 次のページへ
このページのTOPへ
もどる











Top > アンデス食べ歩き > アンデスの食文化(1) > アンデスの食文化(2)
Top / 宿の紹介 / 宿泊情報 / アクセス / 宿の料理 / サイトマップ / アンデス食べ歩き / アンデス旅行記 / リンク集 / ブログ
(C) Copyright 2003 T.Oya Tambo Lodge All Rights Reserved.