Top / 宿の紹介 / 宿泊情報 / アクセス / 宿の料理 / サイトマップ / アンデス食べ歩き / アンデス旅行記 / リンク集 / ブログ
Top > 宿の料理 > チューニョとは何者? > チューニョ作り(1)(2)モラヤ作り > 家庭で簡単チューニョ作り >  チューニョ料理レシピ集

家庭で簡単チューニョ作り
*自然食マクロビオティックの宿『タンボ・ロッジ』で手作りしている凍結乾燥じゃが芋「チューニョ」(凍み芋)。
  タンボ・ロッジではたくさん使うので、かなり大量に作ります。でも、普通のご家庭では、少量作りたいものですね。
  このページでは、「簡単」に、そして「少量」作るやり方をご紹介しましょう。
では、さっそくこの凍結乾燥じゃが芋(凍み芋)のチューニョを「簡単に」そして「少量」作りましょうね。

用意するもの・・・
じゃが芋・・・10〜30個くらい
冷凍庫
じゃが芋を並べる「ざる」(梅干を干すざるなど、平べったいざるが使いやすい)

 なお、使うじゃが芋の品種によって、黒くなる度合いが違います。ほくほくタイプの「男爵」系のじゃが芋が適しています。
なお、皮が赤い「アンデス」や「花標津」のような品種の場合、あまり黒くならずに、茶色いチューニョになりますが、味はとてもおいしいですよ。

では、作りましょうね。
(1)・・まず、じゃが芋はたわしを使い、泥を洗い落としておきます。
(2)・・「冷凍庫」に、ジャガイモが入るスペースを確保します。
(3)・・じゃが芋の水分をふき取り、冷凍庫に入れます。
(4)・・そのまま、24時間くらいは凍らせましょう。
(5)・・24時間くらいたち、カチカチに凍ったじゃが芋を冷凍庫から取り出し、室温で「解凍」します。
(6)・・(5)をもう一度繰り返します。じゃが芋の中心部まで凍らせるために、必ず2回は必要です。
(7)・・解けてぶよぶよになったら、手で押しつぶし、脱水します。(下左の写真)
(8)・・じゃが芋の薄皮を剥き、「ザル」に載せて、晴れている日には外で、天気の悪い日には室内で乾かします。(写真下右)
(9)・・カチカチになり、まるで「石ころ」のようになったら完成です。
解けたじゃが芋を手で押しつぶして脱水します。 晴れた日には外に出して乾燥させましょう。
*じゃが芋の真ん中まで凍らせるために、凍結〜解凍は必ず2回繰り返します。
*手でつぶして脱水するときは、破れたじゃが芋の皮から、まるで「水鉄砲」のように「果汁」が出てきます。
自分にかかっても大丈夫なように、「エプロン」をすることをお勧めします。(写真左)

*なるべく平べったいザルのほうが、満遍なく太陽が当たるので、使いやすいです。梅干を干すザルが使いやすいですよ。(写真右)

*注意点
(1)・・絶対に「雨」には当てないように気おつけましょう。
     せっかく乾いたものが、「元の木阿弥」になってしまい、カビが生える原因になります。
(2)・・なるべく脱水した時点で、「薄皮」を剥きましょう。剥かないと、乾きが悪く、カビが生えやすくなります。
     なお、つぶしたときに、まな板の上でじゃが芋を少し力を入れてこするようにすると、剥きやすくなります。
(3)・・梅雨時、真夏などの湿度の高いときを避け、乾燥している「冬場」に作ることをお勧めします。
「花標津」から作ったチューニョ 「男爵」から作ったチューニョ
さて、「チューニョ」(凍み芋)が完成しました。

写真左は、「花標津」という、皮が赤いタイプのチューニョです。色が茶色ですね。
それに対して、写真右のものは、「男爵」です。こちらは真っ黒に仕上がりました。
品種による違いがお分かりいただけたかと思います。

それでは、おいしいチューニョ料理を作りましょうね。
チューニョ料理に関しては、次のページでレシピを順次公開していきます。
どうぞご覧になってくださいませ。
前のページへ // 次のページへ
このページのTOPへ
もどる











Top > 宿の料理 > チューニョとは何者? > チューニョ作り(1)(2)モラヤ作り > 家庭で簡単チューニョ作り >  チューニョ料理レシピ集
Top / 宿の紹介 / 宿泊情報 / アクセス / 宿の料理 / サイトマップ / アンデス食べ歩き / アンデス旅行記 / リンク集 / ブログ
(C) Copyright 2008 T.Oya Tambo Lodge All Rights Reserved.