Top / 宿の紹介 / 宿泊情報 / アクセス / 宿の料理 / サイトマップ / アンデス食べ歩き / アンデス旅行記 / リンク集 / ブログ
Top > 宿の料理 > こめっ粉40レシピ集 > キヌアのパンケーキ

キヌアのパンケーキ
アンデスで食べた「キヌアのパンケーキ」が忘れられなくて、作ってみました。
でも、ベーキングパウダーや重曹は使っていないません。
ではなんで膨らませているかと言うと、米粉のジェノワーズ生地やシフォンケーキの応用で、豆乳をメレンゲにして膨らませます。
とても簡単なレシピなので、是非応用して作ってくださいね。
材料・・・キヌアのパンケーキ4枚分
★ こめっ粉40・・・130g
★ 豆乳で元気・・・200g
★ 炊いておいたキヌア・・・半カップ
★ 自然塩・・・一つまみ
★ ジャムやはちみつなど・・・出来たパンケーキにかける分
★ オリーブオイル・・・出来たパンケーキにかける分
作り方 (画像はクリックすると拡大します)

基本的には最初のページの「ジェノワーズ生地」と同じですが、米粉と豆乳の配合比が違います。
そしてオーブンで焼くのではなく、フライパンで焼きあげます。

1.      濃い豆乳は、湯煎にかけてお風呂くらいの温度にし、自然塩を入れてカプチーノクリーマーなどで細かい泡を立てる。

2.      (1)に荒挽き米粉を少しずつ入れて、ゴムベラで切るように混ぜる。

3.      米粉が混ざったら、炊いておいたキヌアを入れて、軽く混ぜる。

4.      テフロン加工などの焦げ付きにくいように表面が加工されたフライパンに油(分量外)を敷き、(3)をお玉ですくって入れて焼く。

5.      途中裏返して両面を焼く。

  出来上がったらお皿に盛りつけ、好みのジャムやシロップをかけていただきます。
注意点&ポイント&キヌアの炊き方

★ 「キヌア」の原産国のペルーでは、もちろんキヌアを使いますが、日本ではそのほかの雑穀を使ってもおいしくできますよ。
ただし、モチキビやモチアワのような「もちもち系」のものは、(3)に混ぜるときにもちもちしすぎて豆乳の泡を消してしまうことになるので、適していませんので注意してくださいね。

★ キヌアは「サポニン」という物質を含むため、よく洗ってしばらく(4時間程度)水に漬けてから水を取り替えて良く洗ってから使うことが大切です。(サポニンにはコレステロール値を下げる効果がある一方、赤血球を破壊する性質があるので大量摂取は毒になります。水さらしした後のキヌアをキヌアの量の8割の水を入れて、鍋で20分ほど炊くと出来上がりです。

★このレシピにはメレンゲに油を入れません。それは、すぐに食べてしまうことと、油を入れて焼くからです。


(3)の材料をすべて混ぜた状態です。

出来上がったパンケーキ、2段重ねです。

1枚だとこんな感じです。
前のページへ // 次のページへ
このページのTOPへ
もどる











Top > 宿の料理 > こめっ粉40レシピ集 > キヌアのパンケーキ
Top / 宿の紹介 / 宿泊情報 / アクセス / 宿の料理 / サイトマップ / アンデス食べ歩き / アンデス旅行記 / リンク集 / ブログ
(C) Copyright 2015 T.Oya Tambo Lodge All Rights Reserved.