Top / 宿の紹介 / 宿泊情報 / アクセス / 宿の料理 / サイトマップ / アンデス食べ歩き / アンデス旅行記 / リンク集 / ブログ
Top > 宿の料理 > メインディッシュ(春、夏) > メインディッシュ(秋、冬)

メインディッシュ(秋、冬)
自然食マクロビオティックの宿『タンボ・ロッジ』の夕食に登場するメインディッシュを、季節に分けて紹介するページです。
ペルー風チューニョ団子のソースかけ (アルボンディーガス・エン・サルサ)
ペルー風、チューニョ団子のソースかけ ペルー風、チューニョ団子のソースかけ
 『アルボンディーガス』というのは「肉団子」という意味の言葉です。

 本当は、ひき肉の団子にトマトソースをかけます。それをタンボロッジ風にアレンジした「アンデス・マクロビオティック」で作ってみました。
肉団子ではなく、チューニョ(凍結乾燥じゃがいも)で団子を作ります。いわば「穀物菜食」のメニューですね。ソースも、トマトを使ったり、ビーツを使ったり、小松菜やホウレン草を使ったりと、季節に合わせていろいろと変えています。
(写真左は、ミニトマトと小松菜の2種類のソース、右はビーツのソースです。)
 
 この料理はペルー各地にあります。でもそれぞれかけるソースが微妙に違います。それを楽しむのも旅の面白さのひとつと言えるでしょう。
秋の駒止湿原
豆とご飯のペルー風固おじや (タクタク)
タク・タク  『タクタク』と言うのは、ペルーでは「ご飯と豆をおじやのように煮込んで、そして固くして、もう一度オムレツのように焼いた料理のこと」なんです。

 そんな『タクタク』を。アンデス・マクロビオティックで料理してみました。

 この写真のは、野菜タクタクなんですが、その他にタンボ・ロッジでは、コーフー(小麦グルテン)タクタク等のバリエーションがあるんです。
ペルーのホワイトカレー (アヒ・デ・ガジーナ)
ペルーのホワイトカレー  これはペルーの代表的な家庭料理です。

 アヒとは唐辛子のことで、ここでは中辛の黄色い唐辛子『アヒ・アマリージョ』を使います。
  ガジーナとはめん鳥のこと。つまり卵を産む鶏を廃鶏にしたものを使うのです。だからよく煮込んでやわらかくして、さらに少ない脂身を補うためにチーズとピーナッツのすりつぶしたものを入れます。 仕上げはオレガノで香りをつけます。鶏肉を効率よく食べる工夫が伺われます。

 写真左のはその『アヒ・デ・ガジーナ』をベースにした『アンデス・マクロビオティック料理』です。鶏肉を「大豆たんぱく」にし、チーズを“豆腐の味噌漬け”に置き換えました。こちらもまたおいしいんですよ。
冬の『かまくら』
ペルー版 きのこカレー (ポーリョ・コン・オンゴ)
ペルー版、きのこカレー  アンデス料理には珍しく、やや甘めのメインディッシュです
 『ポーリョ』は若鶏、『オンゴ』はキノコのこと。つまり鶏肉とキノコのカレーなんです。

 実は、この料理、コーラを入れて煮るのです。それに生クリームも・・・ですが、タンボ・ロッジではコーラは使いません。その代わり香辛料のクローブ、シナモン、アニスなどを入れます。そして生クリームの変わりに豆乳を入れ、“ベジタリアンの肉”も入れ、『アンデス・マクロビオティック料理』に仕上げます。甘味は米飴で出しています。
ペルー南部風、シーフードカレー (ピカンテ・デ・カマローネス)
ペルー南部風、シーフードカレー  ペルー南部の「アレキーパ」地方は標高約2,300mにありますが、おいしい「川海老」が採れるんです。
そのアレキーパ地方の郷土料理をアンデス・マクロビオティックにアレンジしたのが、このメインディッシュなんです。
 もちろん、「川海老」は使いません。というより、日本では手に入りませんからね。
 「ガルバンゾー」(ひよこ豆)を入れることで、いい感じに出来上がりましたよ。
アンデス風ベジタリアンミートの酢漬け (アドボ・デ・車麩)
アンデス風、ベジタリアンミートの酢漬けご飯  この料理のオリジナルは、豚肉を、酢をきかせたソースに漬け込み、焼いたものなんです。
 
 しかし、タンボ・ロッジでは豚肉を使わずに、「車麩」を使ってた「アンデス精進料理」として作ります。
下味をつけてをだした車麩に米粉をまぶし、軽く油で揚げると、豚の三枚肉に早変わりします。いや、豚肉よりおいしいかもしれません。(かなり主観的ですが)
ソースは秋〜冬らしく、ビーツとカボチャで作ってみました。
お酢も、「梅酢」を使います。
前のページへ // 次のページへ
このページのTOPへ
もどる











Top > 宿の料理 > メインディッシュ(春、夏) > メインディッシュ(秋、冬)
Top / 宿の紹介 / 宿泊情報 / アクセス / 宿の料理 / サイトマップ / アンデス食べ歩き / アンデス旅行記 / リンク集 / ブログ
(C) Copyright T.Oya Tambo Lodoge All Rights Reserved.